• HOME
  • 解決事例
  • 少子化問題、東日本大震災、リーマンショック等の影響による売上の減少 バイク販売業

少子化問題、東日本大震災、リーマンショック等の影響による売上の減少 バイク販売業


業種:バイク販売業
従業員数:2名
負債総額:約3000万円
債権者数:23名
業績が悪化した理由:少子化問題や東日本大震災、リーマンショック等影響により、売上が減少したため。
 
L社は、輸入バイクを専門としたバイクの販売を主な事業としていた。
設立以降、順調に売上をのばしていたが、近年の少子化問題や東日本大震災、リーマンショック等の影響により、
売上が大幅に減少した。
L社は次第に多額の負債をかかえるようになり、もはや法人としての再起は不可能と判断し、破産申立に至った。
閉鎖にあたっては、店舗を原状に回復し、きれいにした上で返還し、敷金については、
比較的高額の返却をうけることが出来た。

特に大きな問題もなく終結し、代表者にも喜んでもらえた。

 

法人破産のお問い合わせは、中村・安藤法律事務所へご相談下さい!

ImgTop15.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

ご相談の流れ


google-site-verification: google95949562f71c16ae.html