• HOME
  • 解決事例
  • 事業に失敗し、マンション代の約2億円の借り入れによって破産した事例(元経営者)

事業に失敗し、マンション代の約2億円の借り入れによって破産した事例(元経営者)

負債総額:1億5000円
債権者数:3社
 
かつては事業経営をする代表者であったが、事業に失敗し、またマンション代として約2億円を借りいれていたことから、そのマンション代の残金1億5000万円が残っていた。債権者数は3社であった。代表者のみの破産であり、債権者から破産を申し立てられた稀な事案である。

 

申し立て債権者は自己が有する約1億2000万円を損金処理する事が目的で破産を申し立てた。債権者からの申し立てであり、かつ破産者には代理人弁護士がついていなかったことから、破産手続きの流れや破産手続きにおいて予想される結末等につき、当職が破産管財人として、逐次説明をしながら理解をしてもらっていった。その結果、破産者からは真摯な説明を受け、破産者がその時点で有していた資産を売却することができた。

 

自宅不動産には担保が付いており、既に競売が進行していたこともあり、任意売却は無理であったが、調査の過程においてゴルフ会員権を発見することができ、当職が破産管財人として、それを売却することができた。結果として、破産債権者の予納金150万円については、全額を申立債権者に戻すことができた。破産者も破産手続きに協力することにより、負債を全て免除されるという免責決定を受けることができ、双方にとって良い結果となった。
 

ポイント

事情がわからない破産者に対し、当職が破産管財人として、手続きの流れとポイントについて説明し、破産者から協力を得たことがポイントであった。
申立債権者は損金処理を無事に完了させることができ、申立予納金150万円の返金も受けることができた。破産者も免責決定を受けることができ、双方にとって良い結果となった。

 

法人破産のお問い合わせは、中村・安藤法律事務所へご相談下さい!

ImgTop15.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

ご相談の流れ


google-site-verification: google95949562f71c16ae.html