• HOME
  • 破産手続きにかかる期間

Q.破産手続きにかかる時間・期間はどれくらいですか?

質問

破産手続きにかかる時間・期間はどれくらいですか?

 

回答

個別の案件により、時間・期間は異なりますが、ほとんどの場合破産管財人が選任される管財事件となるので、比較的多い管財事件の例をご紹介します。

hasannaga.png

破産手続きの場合、下記のような手続きをとります。
 

①弁護士に相談~裁判所に破産の申立 → 数ヶ月程度

 破産手続きを委任された代理人弁護士が、債権者に受任通知を発送します。発送後は、債権者からの連絡等、全て代理人弁護士にいきますので、債権者から債務者本人に連絡がいくことはなくなります。

 

 法人の破産事件の場合、債権者に受任通知を送ると、財産が散逸したり、取引が法人に押しかけてきたりと、混乱を生じる場合もあります。そのような場合には、受任後直ちに受任通知を送ることなく、②の裁判所への破産申立と同時に受任通知を発送する場合もあります。
 

 

②破産の申立~破産手続開始決定 → 3日から1週間程度

 裁判所に申立をし、弁護士が裁判所と面接を行い破産に至った経緯や債権者の概要、破産管財人が急ぎ対応すべき事項等の引き継ぎ、支払い不能状態であることなどの説明をします。
 

 

③破産手続開始決定、破産管財人選任~第1回債権者集会 → 3~4ヶ月程度

 裁判所が、問題がないと判断すれば、破産手続開始決定がおります。
 現在の東京地裁では、少額管財手続という運用がなされており、個人の破産事件でも原則としては管財事件となります。運用当初は、個人の破算手続を念頭においた制度でしたが、現在は営業停止後の法人の場合などにも適用されています。

 

 債権者集会1回目以降は、事件により集会を開く回数が異なります。
 債権者集会は名前のとおり、破産者の債権者が参加することができる手続ですが、債権者が誰も出席していない集会というのも珍しくはありません。
 

 

④裁判所が債権者に破産手続開始決定通知を郵送

 作成した債権者一覧表に基づいて、各債権者に通知がいきます。
 

 

⑤破産管財人が会社の資産・負債の状況を詳しく調べます。

 破産管財人が破産債権の調査・確定、破産財団に属する財産の管理・換価、配当、免責調査を行います。破産管財人が選任された後も、破産者はもちろん、申立代理人も破産管財人の業務に協力します。
 

 

⑥第1回債権者集会

 債権者、管財人、債務者が集まって、債権者に対して財産換価状況、配当の見込等の報告を行います。
 なお、個人の同時廃止事件の場合には、管財人による財産調査業務を行う必要もないほど財産がないことが前提ですから、債権者集会は行われません。
 

 

⑦破産管財人が一般債権者に配当を行います。

 破産管財人の財産調査の結果、債権者に対する配当が可能な場合には、破産者の換価された財産が配当されます。 
 

 

⑧破産手続終結決定

 なお、配当がない事案で、破産管財人による財産調査も第1回債権者集会までに財産調査業務が全て完了しているような事案では、第1回債権者集会で破算手続が廃止され、終了します(異時廃止)。

 

 個人の破産事件で異時廃止となる際には、最終的に破産者が免責を得られる、否かにかかる免責審尋も同時に行われます。破産管財人から免責に対する意見が述べられ、1週間程度で裁判所から免責の許可・不許可の決定がおります。申立代理人を選任している場合には、申立代理人宛にきます。

 

 個人の場合は、免責許可決定から最終的に確定して、破算手続終了となります。
 

 

⑨破産手続き終了

 

 

法人破産のお問い合わせは、中村・安藤法律事務所へご相談下さい!

ImgTop15.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

ご相談の流れ


google-site-verification: google95949562f71c16ae.html