メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

飲食業界の不況のあおりを受けた飲食店

業種 飲食業
従業員数 5名
負債総額 6000万円
債権者数 約40名

元々代表の個人事業から法人化し、徐々に売上を伸ばしていった飲食店である。
支店を開設するも、飲食業界全体の不況のあおりを受け徐々に売上が減少した。
その後、支店を閉鎖し、固定費の削減をするも資金不足に陥り、公租公課を滞納して差し押さえ予告を受けるに至った。公租公課の滞納による差し押さえ処分を受ける前に破産申立をする必要があり、受任から破産申立まで短い期間で準備し、破産申立をする必要があった事案である。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間