メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

会社破産はどういう場合にできる?

借金の額が払いきれない場合

会社破産というのは何より経営が逼迫している状態で行うものです。それは借金を支払う能力が失われている状態と言い換えることもできます。このような場合に会社破産をすることができます。この際は弁護士に早い時期から相談すると良いでしょう。また、そういった支払い能力があるかどうか、という判断も弁護士を交えて話し合いましょう。現在現金が無いので会社破産をしようとする前に、弁護士に相談すると良いでしょう。なぜなら支払える見込みが将来あるのであれば、会社破産をする必要は無いからです。会社破産というものには様々な法律が絡むので、弁護士と協力しながら考えていきましょう。また会社破産が可能な場合に、会社の全ての資産をあわせても借金より少ない、といった場合も会社破産をすることができます。この場合も弁護士の話を良く聞きましょう。いずれにしても弁護士はこういうときの頼りとなります。

法律の専門家の力

この会社破産を行う場合は、弁護士を通すことが重要です。会社破産に纏わる要素と言うのは数多く、法律の専門家である弁護士の助力は大変助かるものです。一言で会社破産と言っても、その形は様々です。完全な破産を前提としたものから再建を目的としたものまであるのです。こういった話を弁護士から教えて貰うことは新たな道を拓くことになるかもしれません。経営が非常に悪化したからといって、絶望的な気持ちで会社破産をする必要は無いのです。弁護士と相談しながら会社破産の仕組みについて考えていくと良いでしょう。事務所によりますが、弁護士は会社破産の事例を数多く扱っています。そのため、そのノウハウも蓄積されているので会社破産について頼れる存在なのです。まずは弁護士に相談すると良いでしょう。

自己破産まで視野に

まとめると、会社破産は大きく分けて2つの場合にできます。1つは支払不能と呼ばれ、借金を返すことができなくなる状態を指します。もう一つは債務超過と呼ばれ、会社の総資産より借金が多い場合にできます。こういったことは適宜、弁護士へと相談することが重要です。会社破産時に自身が連帯保証人になっていた場合は、自己破産までしなければならないかもしれません。こういうときに、弁護士は自己破産の方法についても教えてくれます。会社破産のみならず、自己破産にも複数の方法があります。弁護士はそういった事について適切なアドバイスをしてくれるでしょう。弁護士は会社破産の強い味方です。会社破産をするときには様々な処理をしなければいけません。そしてその処理の多さというのはケースバイケースです。そのため、弁護士のような専門家を頼り、会社破産の手続きを進めると言う事は重要なことです。このような事態において弁護士は最も頼りになるものなのです。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間