メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

会社破産のデメリットとは?

本当に会社破産が必要か

会社破産をすると様々なデメリットがあります。この場合弁護士と相談することになりますが、そのタイミングは難しいものです。まだ会社破産する前に残っている対策があるかもしれないからです。弁護士に会社破産について相談する前に、まずは再建案を考えましょう。

しかしそれでも会社破産をするしかないという結論しか得られない場合はするしかありません。この過程は専門家である弁護士と良く話し合いながら進めることになります。弁護士にとってはこの作業はプロフェッショナルとして携わる仕事ですので、安心して任せるのが良いでしょう。会社破産というのも一つの仕事なので、最後まで弁護士と協力しながら進めていくのは重要なことなのです。

弁護士の中には会社破産に力を入れているところもあります。こういった弁護士事務所に会社破産について依頼をすることは心強いでしょう。

具体的な流れ

この会社破産のデメリットというのは大きいものです。

まず、従業員を全て解雇することになります。もちろんその対応は弁護士と相談しながら行うと良いでしょう。会社破産するということは多くの人の運命を左右させてしまうことなのです。従業員の今後を考えるなら弁護士とその点を良く話し合うべきでしょう。

会社破産をするときには当然、会社の資産・財産といったものをお金に替えることになります。この財産の管理人といった立場の人(管財人)との橋渡しは弁護士を通して行うと良いでしょう。何より弁護士を通すことでこういった業務はスムーズに進みます。

それからもちろん、会社破産をすることで会社は無くなります。つまりこれ以上の仕事をすることは不可能になるのです。

こうした会社破産についての流れは、全て弁護士と共に行うとよいでしょう。専門性の高い領域なので、弁護士は必要なのです。

経営者が連帯保証人のとき

特に中小企業と言うのは経営者が会社の連帯保証人となっていることがあります。こういう場合に会社破産をすると経営者の資産も換金しなければならなくなります。実際には家を競売にかけられたりするのです。こういった場合も弁護士に相談しましょう。

一般的に、会社の借金と言うものは個人で返せる額ではありません。そのため、会社破産した場合に連帯保証人となっていても、個人破産ということで返済額を0にすることはできます。この際にも弁護士に話を良く聞きましょう。

会社破産をした後で個人破産を行う場合、弁護士を介することになります。その後はクレジットやローンを組めなくなったりしますが、職業に就けないわけではありません。会社破産について弁護士と協力しながら対処した後でも生活することは十分可能なのです。

会社破産というのは大きな仕事です。ですが頼れる弁護士を見つけることができれば、そのデメリットも極力少なくすることができるのです。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間