メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

会社破産における債務整理とは?

立ち直ることができるなら

様々な原因により、会社の借金が膨らむとこれを返せなくなってしまいます。これを返さないでいると、担保にしている自宅を競売にかけられたり裁判を起こされてしまうのです。これは会社破産と呼ぶべき状態です。この際の債務整理について考えておきましょう。会社破産における債務整理と一言で言っても様々なものがあります。再生する見込みのある場合は、任意整理といった方法があります。任意整理というのは銀行と債務者(弁護士)の間で交渉を行う方法です。これにより会社破産に陥る借金を少なくしたり、ローンで返せるようになる可能性があります。こういった交渉は法律が重要な要素となるので、専門家である弁護士に依頼するのが良いでしょう。また、交渉術においても弁護士は長けているので、債務者自身で任意整理を行うよりも良い結果が期待できます。

任意整理の具体的な方法

会社破産が見込まれる場合、任意整理を検討できるようであれば、弁護士に相談することになるでしょう。その時の流れは以下のようなものになります。まずは会社破産の原因となる借金をしている金融機関との交渉です。交渉と言うのはもちろん弁護士を介して相手を説得することなのですが、何を説得させるかと言うと再建計画です。再建計画の内容は弁護士が計画書という形で作成します。これは専門的な交渉事としての文書なのでやはり個人で作成するより弁護士が書いた物の方が遥かに完成度が高いでしょう。この計画書を基にして会社破産の任意整理について金融機関を説得するのですが、会社破産の可能性がある状態の会社なのでその過程は困難となるでしょう。計画書の専門的な文書作成術に加え、交渉における話術の卓越した弁護士に任せるのが妥当です。

道のりは厳しい

もちろん会社破産の状況から再建を目指すというのは容易な事では有りません。弁護士と相談して、再建の見込みが立たないという場合は任意整理を行っても難しいでしょう。それだけ会社破産というのは大変な状態なのです。このような状況において弁護士は最善を尽くします。会社破産という状態に於いて弁護士は何よりの味方です。弁護士にとってはまた、会社破産の状態にある会社というのは仕事先でもあります。専門家と言うのはその専門性を発揮できる限定された状況でこそ力を発揮します。会社破産が見込まれる場合はすぐにでも弁護士へ依頼するようにしましょう。弁護士は任意整理以外の方法も会社破産状態に提示してくれるでしょう。会社破産に陥っても弁護士の話は良く聞きましょう。会社破産したからといって絶望する必要はありません。味方はいるのです。会社破産からの再建の道のりは厳しいですが、手はあります。信頼できる弁護士と共に前へ進むことが重要なのです。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間