メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

会社破産するのにどんな手続きが必要?

本当に会社破産をするのが妥当なのかを考える

経営が行き詰ってしまうと、経営者としては自信を失ってしまうことがあります。このような場合、会社破産という手続きがあるのですが、いきなり会社破産の手続きを取ることは望ましいことではありません。まずは、本当に会社破産をすることが妥当なのか、しっかりと考えるようにしなければなりません。会社に顧問弁護士がいる場合は、その弁護士に相談することが大切です。弁護士は、会社破産に関する豊富な知識を持っているので、さまざまな方面からアドバイスをしてくれます。もちろん、最終的な判断をするのは経営者なので、弁護士が会社破産をするかどうかを決めるわけではありません。しかし、弁護士の話を聞くように心がけることで、冷静な気持ちを維持することができるようになるため、弁護士に会社破産の相談をすることは非常に大切なのです。

会社破産については安易な判断をしないことが大切

会社破産という手続きは、安易に行ってしまうと後悔する可能性があります。しっかりと考えた上で行動することが求められるのです。多くの経営者は、せっかく事業を始めた以上はできるだけ長く経営を続けていきたいと考えるものなので、まずは会社を存続させることができないかを考えなければなりません。しっかりと弁護士と相談しながら、どのような対応を取るのが最適なのかを決める必要があります。顧問弁護士がいない会社の場合は、会社破産に詳しい弁護士を探すことが大切です。依頼する弁護士を間違えてしまうと、適切な対応を取ることができなくなってしまうため、最初の段階で弁護士選びに失敗しないように注意しなければなりません。大切なことは、会社破産をするにせよ、会社破産をしないにせよ、経営者が明確な判断をすることです。

会社破産の正しい手続きを理解する必要がある

最終的に会社破産をすることに決めたら、速やかに手続きを進めていくようにしなければなりません。一度決断した以上は、迷っている余裕はないのです。どのような対応をするにせよ、スピーディーに行動することが経営者には求められています。会社破産をすることで、会社の債務が免除されたり、資金繰りを免れたり、さまざまなメリットがあるのです。新たな道に進んでいくために、適切な対応を取るようにしなければなりません。会社破産の手続きは、弁護士に一任するのが基本です。常に弁護士と相談しながら進めていきます。分からないことは、必ず弁護士に確認するのです。会社破産では、さまざまな書類を作成したり、従業員への対応をしたり、やることが多いです。詳しい弁護士に任せることで、確実に会社破産の対応をすることができます。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間