メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

会社破産したとき、民事再生するメリットとは?

会社破産の前兆が判った時に取る行動

会社破産に至るまでには、必ず前兆が有ります。その会社破産の前兆に気が付いた時に取るべき行動とは、どのような事かをまとめます。まず、会社破産の兆しを感じた時に、代表取締役や、会社役員は、1日でも長く会社の存続を願う事が多いのです。その理由は、どうにかして、会社が存続する良い方法が見つかるかもしれませんし、経営を続けている中で、思わぬ大きな仕事が舞い込んできて、会社破産という大きいな危機を免れるかもしれない、と願う気持ちが大きいからです。けれども実際は、それ程甘いものではなく、経営を続けている内に必要経費の出費でますます、経営困難に陥る場合の方が多いのです。そんな時に頼りになるのが、弁護士の専門的なアドバイスです。会社破産の兆候が見え始めた時に、弁護士に相談に行くべきなのです。

会社破産のメリット

会社破産の時、弁護士に相談するといくつかのメリットを提案してもらえます。会社破産は悪いイメージだけですが、実際に弁護士を通して、会社破産の手続きをしてもらうと、債権者からの取り立てが止まります。もちろんこの手続きは、個人でもできますが、やはり専門知識の深い弁護士に依頼した方が失敗しませんし、弁護士の先生から、色々な情報を得られますので、良い結果につながりつながります。また、弁護士の手続きにより、苦しい資金繰りや返済から解放されて、精神的に落ち着きます。弁護士に会社破産の相談をすることで、先の見通しがたちます。そして、経営者や社員の生活を立て直して、会社破産後の進路を弁護士にアドバイスしてもらう事により、方向性が決まります。このように、弁護士に力を借りて、今後の事も決められますので、会社破産の時には、弁護士への相談がベストです。

会社破産のデメリット

会社破産のデメリットについては、自分たちの愛着のあった会社が消滅してしまいますので、営業は継続できなくなり、精神的に悲しい思いをする場合が多いです。けれども、会社破産が決定した時には、感傷的な気持ちを抑えてでも、弁護士と今後の方向性を決めて行かなければいけません。また、会社破産のデメリットとして、経営者や会社の幹部役員が連帯保証人となっている場合、個人破産手続きや自宅などの処分により、債務の返済を行わなければいけません。このような場合も弁護士の力を借りてスムーズに処理していきます。会社破産の経験は、初めての方が多いので、弁護士の専門知識から会社破産を進めて行きます。経験豊富な弁護士に出会う事で、より良い方法で終結する事が出来ますので、破産関係に詳しい弁護士を見つける事が重要です。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間