メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

会社破産するときに弁護士は必要?

基本的に代行してくれる部分では必要なことが多くなる

会社破産は自分でもできそうな気がしますが、弁護士の力というのは凄く重要なこととなります。会社破産のために弁護士の協力を借りることによって、簡単に進めることが出来たり、債権者との説明についても容易にできるようになります。弁護士というのは、会社破産についての知識を十分に持っているので、希望するような感じで対応することが出来るのです。勿論自分だけで行うことも出来るのですが、その場合は全ての説明を自分で行うこととなりますし、手続きについても必要となります。また会社破産では残っている財産についての処分が必要となっているので、これを弁護士に担当して貰うこととなります。そのためどちらにしても弁護士が必要なことが多くなっており、会社破産のためには力を借りなければなりません。

相談をする際にも弁護士の力が必要となってくる

仮に会社破産を考えていなくても、会社破産がいい方法であることを知るためには、弁護士に相談をすることが必要となってきます。弁護士に相談をすることは、会社破産への第一歩と言えることなので、やはり弁護士の力が必要となるのは間違いありません。相談をして本当に会社破産がいいのか、それとも民事再生法を上手く利用した方がいいのかを知ることが出来るので、弁護士の方に考えを聞いてみるのもいい方法なのです。これが出来ないと、間違った判断をしてしまうことになり、まだ再生できる力があるのに会社破産を行ってしまうことがあります。会社破産を1度行うことは、もう戻れないことを意味しますので、弁護士の方に適切な相談をすることが重要なこととなります。何も話をしないというのはよくないので、会社破産の前には弁護士の話を聞いて、それから判断することになります。

正しい手順を理解してくれる弁護士は非常に重要

弁護士が不要という話が書かれていることもありますが、会社破産のためには正しい手順を実行してくれる弁護士がとにかく必要なこととなってきます。弁護士の方がこうした方がいいと話をしてくれれば、会社破産に向けてしっかりした手順で動くことが出来るのです。要らないということは無く、むしろ絶対に必要であると考えた方がいいかもしれません。会社破産のために弁護士があらゆる考えを模索して、最終的に必要な手順に沿って会社破産を行えるようになります。財産についてもしっかり処分を行って、管財人としての立場もしっかり果たしてくれます。弁護士が要らないというのはあり得ないことであり、むしろ会社破産のためには必要な人材であると思ってください。会社破産のために弁護士の力は必要不可欠と言えることであり、どこかの場面で利用することとなるのは間違いありません。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間