メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

会社を破産させる場合も、免責が許可されず、借金が残ることがありますか

A.ありません。破産手続きの完了をもって、会社の借金は消滅します。

会社をはじめ、法人が破産する場合、個人の破産とは異なり、破産の手続きが完了した時点で、法人そのものが消滅します。ですので、法人破産の場合、免責という概念そのものがなく、破産手続きの完了をもって、当然に借金が消滅することになり、経営者の方等が借金を引き継ぐという事態は、原則としては生じません。

もっとも、法人の保証人は、法人が破産した後も、なお債務を負うことになります。会社が金融機関から融資等を受ける場合、経営者の方が保証人となることが多いですが、上記のように、会社だけが破産をしても、経営者の方が保証人となっていると、保証人である経営者の方には、なお借金の返済義務が残ることになります。

そのため、保証人がついている法人の破産を検討する場合は、保証人の破産についても、併せて検討を行った方がよい場合があります。事案によっては、法人と保証人が併せて破産を申し立てる場合であれば、裁判所に納める費用等が少なく済むこともあります。

ご不明な点等がございましたら、お気軽に弁護士へご相談下さい。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間