メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

会社破産と自己破産を同時にしたほうがいいのでしょうか?

自己破産の必要性

会社の経営が悪化し、会社破産をする場合に自身が会社の連帯保証人となっているとき、自己破産の必要性が出てきます。しかし自己破産をすることは必ずしも必要なことではありません。十分な財産があれば任意整理を行うことで、社会的な不便(ローン組立やクレジット等)を感じることなく生活をすることができます。この点は弁護士と話し合いながら決断すると良いでしょう。弁護士は会社破産において最も頼れる存在です。自己破産の必要性についても弁護士がその判断を下してくれるでしょう。もし会社破産によって生活の再建が難しいと感じるのであれば、弁護士と相談しましょう。会社破産したからといって自己破産しなくても良い場合があるのです。自己破産のデメリットはたくさんあります。弁護士の話を良く聞いて、それでも会社破産による自己破産の必要性があると理解したときは、弁護士の指示に従いましょう。

自己破産とは

自己破産と言うのは個人的な債務の整理に他ありません。会社破産した場合に連帯保証人となっていなければ、特に自己破産する必要はありません。その場合も弁護士に助言を求めましょう。法律は複雑なので、自身に何らかの負担が降りかかる可能性も無いとは言い切れないのです。この自己破産というのは上で述べたように個人の債務に関わるものです。個人の債務の整理方法には他に、個人再生と任意整理というものがあります。これらはいずれも生活を再建する場合のものです。また、どちらもある程度の資金が必要となります。もし会社破産をしたときに財産があるのであれば、必ずしも自己破産する必要は無いのです。しかし、現実にはそのような財産は無い場合が多いものです。この場合は自己破産をすることになります。もちろん弁護士と相談することが必要です。会社破産に加え、自己破産においても数々の法律が関わってきます。弁護士は会社破産のみならず自己破産についても強力な味方となります。頼りになる弁護士と一緒に会社破産、ないし自己破産について対策を練ることが重要です。弁護士の助力を借りましょう。

生活の再建のために

会社破産をした人は何もかも取られてしまう訳ではありません。小額の貯金や家はしばらく残すことができます。また、弁護士と相談することで家を残すことができるかもしれません。たとえ会社破産をしたとしても、人生に絶望する必要は全く無く、弁護士と将来について話し合うのは良い方法です。自己破産についても弁護士と相談することで乗り切ることができるでしょう。会社破産に続いて自己破産についても弁護士を頼ることになりますが、それだけ会社破産を乗り切る方策があるということです。弁護士というのは法律を武器として依頼者を守ること職業なのです。このように、信頼できる弁護士と共に会社破産を乗り切ることができれば、それは生活の再建にも大きく繋がるのです。弁護士との協力体制を作ることが肝心です。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間