メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

会社破産と個人破産の同時申し立てについて

破産をする際の手続きや流れをきちんと理解する

破産には、大きく分けて会社破産と個人破産の2種類があります。どちらの手続きを取る場合でも、専門の弁護士に相談しながら手続きを進めていくことが大切です。会社破産などの知識が乏しい人が弁護士を頼らずに処理しようとすると、失敗しやすくなってしまいます。会社破産・個人破産の必要が生じた段階で、速やかに弁護士のところを訪れるようにしなければなりません。弁護士に相談するタイミングは、早ければ早いほど良いのです。会社破産や個人破産を多く取り扱っている弁護士に相談することで、他の方法が見つかる可能性もあります。また、会社破産や個人破産をすることになった場合、弁護士がいればスピーディーに処理を進められます。会社破産をする際の手続きや流れについて、あらかじめ弁護士に確認しておくことが大切です。

会社破産と個人破産を同時に申し立てることも可能

会社破産でも個人破産でも、弁護士に依頼して申し立てるのが一般的ですが、手続きを別々に行うとは限りません。必要に応じて、会社破産と個人破産を同時に申し立てることもあるのです。会社破産と個人破産を同時にも申し立てた方が良いのかどうか、弁護士に確認してみることが大切です。弁護士を頼らず、安易な自己判断で申し立てを行うのは禁物です。会社破産や個人破産は、債権・債務に大きく関わる問題なので、手続きは弁護士に一任するようにしなければなりません。途中で手続きを間違えてしまうと、余計な時間がかかってしまいます。弁護士に相談していれば防ぐことができるミスは、意外と多いものなのです。ただし、会社破産と個人破産は、必ず同時に申し立てるものではありません。個人が負う義務について、弁護士に確認してから対処します。

同時に申し立てる場合は手続きも1つのものとして取り扱われる

会社破産と個人破産は、全く同一の手続きではありません。したがって、本来であれば会社破産と個人破産の手続きは、別々に進めていくのが原則です。しかし、会社破産と個人破産を同時に申し立てたケースでは、両者の関連が深いため、手続きも1つのものとして進めていくことがあります。どのように進めていくかについては、弁護士に確認しておくことが大切です。よく分からないまま申し立てをしてしまうと、戸惑ってしまうことが多いため、常に弁護士のサポートを受けることが望ましいのです。会社破産の手続きと個人破産の手続きが1つのものとされることには、大きなメリットがあります。それは、同一の破産管財人によって手続きを進めていくことができる点です。負担しなければならない費用も軽減されることになります。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間