メニューを開く

会社の破産・再生のトラブルをご検討の方は中村・安藤法律事務所(三越前駅・新日本橋駅徒歩1分)までご相談ください。

会社破産するときに必要な書類を教えてください

会社破産についての基礎知識

よくバブルがはじけ会社が倒産したと語る人をテレビで見ます。このようなときには「会社破産」の手続きが必要になってきます。こういった状況になった場合は弁護士に頼みましょう。弁護士に頼らない場合大変です。そういった手間を省くために、弁護士を利用します。なぜ弁護士に相談するのかというと、会社破産では法律や金銭も絡み、トラブルが非常に多くなるのです。なのでケースに慣れている、良い弁護士を探しましょう。会社破産が起こるとどんな手続きがいるのでしょう?会社破産手続きは自分ですると雇用関係や給料関係がでてき非常に手間や時間をとります。似たもので倒産という呼び方をするものは破産手続きや再生の手続き、厚生手続や、特別生産などの、法律的な手続きの申し立てが有った場合に、倒産という呼び方をします。倒産と破産が全く別物であるということも有りません。

破産手続きの種類

会社破産の手続きとしては、会社破産の手続き自体は、個人、法人どちらでも手続きは行えます。しかし、法人が破産を手続きをする場合、会社破産後は手続きだけでなく、その会社で働いていた従業員の雇用問題があります。会社破産手続きを始めたときに代理人を通し、解雇するのが通常ですが、実は会社破産の手続き以上に従業員の対応というのが難しいのです。従業員は会社破産後、職がなくなってしまうので相当な問題になってきます。会社破産には労働契約の法律も出てきますので、ここに詳しい会社破産の件数を扱っている弁護士に相談し、会社破産手続きをスムーズに進めていく必要があります。この問題は一人でどうにかしようとせず、早期に弁護士に相談し、いかに的確に、トラブルなく済ませることが出来るのかと言う事は非常に重要な問題になってきます。弁護士は手馴れているので、一番トラブルのない方法を提案してくれるでしょう。従業員の問題といえば、解雇問題や、退職金、給料の支払いに関することです。こういったことを弁護士に相談しておきましょう。会社破産があったからといって従業員の解雇は必須ではありません。会社破産の手続きをはじめてしまうことによって、法人は消えてしまうのです。解雇をいつにするかは時と場合によって異なりますが、弁護士から大抵は会社破産の申したての前には従業員は全員解雇しておくほうがいいということをいわれるでしょう。

会社破産後の給料支払い退職金はどうする?

会社破産をを決めた場合早期に弁護士に相談するといいでしょう。弁護士はた会社破産手続きは手馴れたものです。会社が、会社破産になった場合でも、一番重要ポイントは給料支払いです。会社破産後、従業員からの給料の額でのクレームや不満が多く、退職金支払いもないのか?とクレームが出てくることが多いです。規定で大体は1人を解雇する場合、約一ヶ月前には解雇を告げなくてはいけません。これがない場合は、手当ての支払いが必要になります。会社破産の手続きに慣れた弁護士は手順を教えてくれ、精神的ストレスを解消してくれるでしょう。今は会社破産の際に、未払い給料を立て替えてくれる公的制度もありますので、こういった制度も弁護士に確認しておきましょう。これで従業員に一定期間、一定の額が支給されることがあります。手馴れている弁護士は会社破産してしまった場合の従業員へも快く対応してくれるはずです。会社破産で少しでも困ったら弁護士に相談をしましょう。弁護士の中には無料相談もあるようです。弁護士費用が高いと躊躇せずに早期の弁護士への相談が早期解決に繋がります。

会社の再生/破産についての無料電話相談を実施中

会社の再生/破産についての疑問や質問がございましたら、
中村・安藤法律事務所までお気軽にお問い合わせください

03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
03-6262-5588
受付時間 9:30~18:00
Webから相談する
受付時間 24時間