• HOME
  • 破産に関するQ&A集
  • Q.破産管財人とはどのような人ですか?また,管財人との面談はどのような内容ですか?

Q:破産管財人とはどのような人ですか?また,管財人との面談はどのような内容ですか?

 

A:破産管財人とは,裁判所から選任されて,その指導・監督の下で,破産者の財産の調査・管理・換価処分・弁済または配当等の手続を行う者です。

 

そもそも破産手続とは,裁判所の指揮下で,破産者の財産を金銭化して,各債権者に対して弁済や配当等をするものです。こうした手続の実施には,財産の売却先等を探して金銭化を進めることはもちろん,さらにその前提として,破産者の財産や契約関係等を調査したり,金銭化するまでの間,管理し続けることも必要になります。
 
裁判所がこうした種々の作業を全て実施することは,時間的にも人員的にも困難があります。そこで,裁判所の代行者として,破産者の財産の調査・管理・金銭化等を取り仕切る者が,管財人です。管財人は,その職務上,破産分野等の法律知識が必要になるため,ほとんどの場合,破産分野に精通した弁護士が選ばれることになっています。
 
 管財人は,裁判所の代行者であるため,破産者や特定の債権者に肩入れはせず,公正中立な手続実施に向けた対応をします。具体的には,着任時における財産調査やそれ以降の財産管理,財産の金銭化をすることは勿論として,破産者による財産隠しがないかを調査したり,一部の債権者が不公平に支払等を受けている場合には,その債権者に対して訴訟等を起こし,金銭の返還等を請求することもあります。
 
こうした活動を行うため,管財人は,着任をした早期の時点で,破産者と面談を行い,事実関係の調査等を始めます。この面談においては,法人・会社の負債の内容,債権者の対応状況,資産の内容・現状,従業員の有無や未払い賃金の有無,事業所の状況等を確認するだけではなく,破産に至るまでの財産や取引の推移等を問い質しながら,不自然な点等はないかを確認していくことになります。
また,管財人は,破産者との面談後も,不明な点があれば,追加の資料収集や現地調査を行ったり,関係当事者への事実確認等も行って調査を進めたうえで,手続の具体的な方針を決めていくことになります。
 
このように,管財人による面談や調査については,裁判所の代行者という管財人の立場から,細かな事情や経緯等を確認されることになるため,破産手続きをスムーズに進めるためには,管財人の調査を意識した,事前の準備が必要となります。
 
ご不明点等があれば,お気軽に弁護士までご相談ください。

 

法人破産のお問い合わせは、中村・安藤法律事務所へご相談下さい!

ImgTop15.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

ご相談の流れ


無料相談のご予約 03-6262-5588
メールでのご予約はこちら

Contents menu

ご相談はこちら 中村・安藤法律事務所
会社再生の道
中小企業
事務所所在地
tori0001.jpg
google-site-verification: google95949562f71c16ae.html