• HOME
  • 解決事例
  • 80038)主要取引先との契約終了により売上が減少し破産 広告代理業

主要取引先との契約終了により売上が減少し破産 広告代理業


業種:広告代理業
従業員数:4名
負債総額:約6700万円
債権者数:33名
業績が悪化した理由:主要取引先との取引終了による売上の減少。
 
主要取引先の経営戦略や、上場による取引精査等が重なり、主要取引先との取引がなくなり、売上が急転・激減した。
自然退職等による人員のリプレイスを行わず、人件費削減と業績向上を目指したが、営業の絶対人員が不足する中、業績低迷によって人員強化も出来ない悪循環に陥った。 かつ、イベント企画においては大型案件の受注の際には、ホテルやイベント会場費の巨額な前払いが発生し、資金繰りを圧迫するようになり、債務超過に陥る結果となった為、破産申立をすることとなった。

 

法人破産のお問い合わせは、中村・安藤法律事務所へご相談下さい!

ImgTop15.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

ご相談の流れ


google-site-verification: google95949562f71c16ae.html