• HOME
  • 解決事例
  • 業績が悪化したレンタルビデオ会社の破産申立

業績が悪化したレンタルビデオ会社の破産申立


業種:レンタルビデオ会社 
負債総額:約5000万円
業績が悪化した理由:スマートフォンの普及に伴うビデオ・DVDのレンタル・販売数の減少
 
DVDの購入ユーザーはそれまで大部分を若者層が占めていたが、スマートフォンの普及によりDVD購入をせずとも、求める動画を購入できるようになったことにより若者のDVD離れが起きたことが原因である。
事業の閉鎖後の残務整理を代表者及び元従業員と協力し円滑に進めることができ、受任から破産手続きの終了まで約3ヶ月とスピード解決となった。
 

 

法人破産のお問い合わせは、中村・安藤法律事務所へご相談下さい!

ImgTop15.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

ご相談の流れ


google-site-verification: google95949562f71c16ae.html