• HOME
  • 解決事例
  • j受注減少により業績が悪化した後に破産 デザイン会社

受注の減少により業績が悪化した後に破産 デザイン会社


業種:デザイン会社
負債総額:5000万円
業績が悪化した理由:受注全体の90%を占めていた取引先からの、受注の減少による業績悪化

 
A社は発注会社の内、90.%を占めていた会社からの受注が減り、売上が低迷した為、事業を閉鎖し、破産申立をした。
閉鎖に先立ち、従業員に事情を説明し、納得してもらった。未払い給与等は全て精算した。
また、解雇後も残務整理の為、元従業員らには出社してもらい、協力を得ることが出来、順調に終了させることが出来た。
早期に破産事件を終了させることが出来、それにより社長は再スタートを順調に切ることが出来るようになった。

 

法人破産のお問い合わせは、中村・安藤法律事務所へご相談下さい!

ImgTop15.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

ご相談の流れ


google-site-verification: google95949562f71c16ae.html