• HOME
  • 解決事例
  • 資材価格の高騰により負債が重なり、再生申立をした事例 資材の仕入れ・販売会社

資材価格の高騰により負債が重なり、再生申立をした事例 資材の仕入れ・販売会社

業種:資材の仕入れ・販売会社
負債総額:9億円
業績が悪化した理由:資材の価格が高騰したことによる売上原価のかさみ

資材の仕入れ・販売会社であるA社は、資材の価格が高騰したことにより売上原価がかさみ、負債総額約9億円となった。

 
再生申立前は金融機関への返済は利息のみであったが、申立後は総額3600万円(負債総額の4%)を返済期間5年として返済することとなった。(月額約60万円
 

 

法人破産のお問い合わせは、中村・安藤法律事務所へご相談下さい!

ImgTop15.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

ご相談の流れ


google-site-verification: google95949562f71c16ae.html