• HOME
  • 解決事例
  • 業績不振と経営者の死亡による破産管財 旅館

業績不振と経営者の死亡による破産管財 旅館

業種:旅館
負債総額:7億5000万円
業績が悪化した理由:業績不振と経営者の死亡

旅館(客室数:約50室)・ラブホテル経営のH社は、業績不振と経営者の死亡で資金繰りが出来ず、負債総額7億5,000万円となり破産申立をした。
 
 
本件の破産管財手続きは、財団の形成に寄与するとの理由で破産申立後も旅館の経営を続ける稀なケースであった。
 

 

法人破産のお問い合わせは、中村・安藤法律事務所へご相談下さい!

ImgTop15.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

ご相談の流れ


google-site-verification: google95949562f71c16ae.html