• HOME
  • 解決事例
  • 業績不振、税金未納による差押等で資金繰りが行き詰まる 織物製造・販売

業績不振、税金未納による差押等で資金繰りが行き詰まる 織物製造・販売

業種:織物製造・販売
負債総額:3億5000万円
従業員数:12名
業績が悪化した理由:業績不振、税金未納による差押等で資金繰りが行き詰まる


織物の製造・販売を手がけていたI社(従業員数:12名)は、業績不振の結果、税金未納に伴う差押えや債権者からの商品引き揚げ等に遭い、資金繰りが行き詰まったため破産を申立てた。負債総額約3億5,000万円。
 
本件では、未収であった売掛金の一部を回収し、申立費用に充てたほかは、資産がほぼ皆無の状況であったが、従業員に対する未払賃金については、破産管財人の協力を得て、労働者健康保険福祉機構の立替払制度を利用し約8割を支払うことが出来た
 

 

法人破産のお問い合わせは、中村・安藤法律事務所へご相談下さい!

ImgTop15.jpg

事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

アクセス

お問い合わせ

ご相談の流れ


google-site-verification: google95949562f71c16ae.html